絶対外せない!赤いニキビ跡を治すための化粧品の選び方!

このように赤いニキビ跡を自力でなんとか薄くしたい!治したい!と悩んでいる方も多いと思います。このタイプのニキビ跡はきちんとしたケアさせ継続すれば、自力で治すことも可能なレベルのニキビ跡なので、赤いニキビ跡にきちんと作用してくれる化粧水などを選んで、正しいケアを続けることが重要です。

 

そこで重要になってくるのが、化粧品の選び方!
赤いニキビ跡をケアするには以下の3つのポイントが重要になってくるので、この3つの条件をクリアしている化粧品を選ぶように意識してみてください。

 

優秀なビタミンC誘導体が配合されている化粧品を選ぶ
できるだけ肌に優しい処方で作られている化粧品を選ぶ
トライアルセットから試せる化粧品を選ぶ

優秀なビタミンC誘導体が配合されている化粧品を選ぶ

まず1つ目。
選ぶ化粧品(主に化粧水や美容液)にビタミンC誘導体が配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。理由は、こちらの「赤いニキビ跡にどうしてビタミンC誘導体が効くのか?」にもまとめていますが、ビタミンC誘導体にはニキビの炎症をおさえてくれる作用があるため、ニキビ跡の赤みのもとをケアすることができるんです。
それにプラスして、新陳代謝をUPさせる作用もあるのでお肌の入れ替わりであるターンオーバーを促してくれる作用も。
新しい皮膚がどんどん古い皮膚を押し出してさえくれれば、ニキビ跡もスムーズに排出されていくので、新陳代謝をUPさせてくれる作用も、ニキビ跡のケアには必須となるんです。

 

安すぎるビタミンC誘導体配合コスメに気を付けて!!

ビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液にはたくさんの商品がありますが、薬局などで安値で手に入るものは、ビタミンCの配合率や濃度が薄いものになるので、ニキビ跡への効果が期待できません。
本気で赤いニキビ跡のケアをしたいのであれば、しっかりとした濃度で配合されている化粧水や美容液をチョイスするようにしてくださいね!
赤いニキビ跡ケアにおすすめできる化粧水はコチラにランキングでまとめているので、参考に役立ててみて下さい。

 

赤いニキビ跡のケアにおすすめの化粧水ランキング

 

 

できるだけ肌に優しい処方で作られている化粧品を選ぶ

次に大事なポイントは、ニキビを繰り返しているお肌はすごくデリケートな状態になっているので、お肌に優しい処方の化粧品を選ぶということが大事になってきます。
ニキビやニキビ跡に悩まされている人が選ぶコスメに、できれば配合されていない方が好ましい成分をいくつか例にあげておくので、コチラも参考にしてみてください。

 

ニキビ跡ケアに好ましくない成分

  • エタノール 
  • ハマメリス水
  • DPG(ジプロピレングリコール)
  • PG(プロビレングリコール)

 

ドラッグストアなどで売っている安値のビタミンC誘導体配合のコスメの成分表をチェックしてみると、これらの内のどれかが配合されているものがたくさんあることにビックリすると思います(__)
これらの成分で、お肌の刺激となりえる成分なので、できるだけ配合されていないものを選ぶようにしてくださいね。

 

 

トライアルセットから試せる化粧品を選ぶ

最後に大事なのがトライアルセットを用意してくれている化粧品を選ぶということです。赤いニキビ跡をケアするのに重要な成分は「ビタミンC誘導体」ということは先ほどお伝えしました。
そのビタミンC誘導体ですが、人によってはピリピリと刺激を感じたり、かゆみを感じる人もいます。なので、まずは試そうと思ったコスメにトライアルセットがちゃんとあるのか?のチェックをして、自分のお肌との相性をチェックした上で継続してみるかどうか判断しましょう!

赤いニキビ跡にはVC200配合のVCシリーズがおすすめ

私自身も長年ニキビとニキビ跡に悩まされてきました。
いろんなコスメを使ってきた中で1番効果を実感できたのが、このVCシリーズでした。
ビタミンC誘導体には「VC200」と呼ばれる浸透力&持続力の高いビタミンC誘導体が配合されているので効果を実感しやすく、しかもお肌に優しい処方。
さらに1,800円で試せるトライアルセットがきちんと用意されているので、すべての項目を満たしています。

 

ニキビ跡にだけじゃなくて、嬉しいのはできたニキビを早く治してくれるところも気に入っています。
ニキビが早く治れば、ニキビ跡をつくらせずにすみますからね^^
ニキビ跡の赤みをとりたいけど、、どんな化粧品を使ったらいいのかな?と悩んでいた人は1度試してみるといいですよ!

 

トライアルセットを試してみるならコチラ